効率的な受験勉強の方法とは?

受験勉強の方法と入試対策のコツを伝授するサイトへようこそ!

 

当サイトでは、中学や高校の受験、大学受験、そのほか大学院入試に確実に合格するためのエッセンスをご紹介しています。また、医師国家試験や(弁護士になるための)司法試験、あるいは司法書士、弁理士、税理士、一級建築士、不動産鑑定士といった難関資格の突破に役立つ学習の仕方を伝授しています。

 

高校受験が最初の入試試験という人も多いことでしょう。
その場合は、はじめての体験なので不安も大きいことと思います。7月や8月、9月から、ようやく重い腰を上げて受験勉強を開始したという人もいるかもしれません。もしかしたら、10月や11月、12月から、ようやく学習を開始したなんていう人もいるかもしれませんね。

 

でも当サイトで解説している受験勉強の方法を参考にすれば、不可能はないと思います。当サイトでは最短で勉強内容をマスターできる「速読の教材」もご紹介しているので、それを活用すれば、たとえ試験日まであと数か月であっても、けっして悲観することはありません。資格試験に1発合格するための「ノーストレス速読勉強法」

 

受験勉強の方法や仕方といっても、毎日の家庭学習と、そう変わるものではありません。普段から、しっかり教科書を学び、基本を積み上げてきた人は、とくに真新しいことはないのではないでしょうか。ちょっと過去問に挑戦したり、模試を受けてみたりする程度の違いです。

 

そういった「優等生」は、とくに駿台とか代々木ゼミナール、河合塾、東進ハイスクールといった受験予備校に通学しなくても、すんなり高校や大学に合格したりします。家庭教師の力も借りず、独学だけで効果的な受験勉強の方法を編み出して、それを淡々と実行に移せる人です。

 

しかし多くの人は、そうではありません。
日ごろは中間・期末テストでいい点を取れるくらいに、ほどほどに試験勉強をし、高2や高3になって、はじめて受験勉強を開始します。なかには冒頭で述べたように、夏休みや冬休みから受験勉強を開始する人もいたりします。

 

受験勉強は、日ごろからの積み重ねですから、直前になって始めても遅いことがあります。そうなると一浪や二浪ということになり、浪人生へのコースが待っています。(当サイトでは、数か月で勉強内容をマスターできる受験勉強の方法として「速読法」をご紹介しているので、それを活用すれば可能かもしれませんが・・・)

 

もし基本がないまま、むずかしい大学別や学部別の過去問に挑んでも、なかなか実力がつくものではありません。基礎ができていないからです。そういった場合は、中学生の勉強から復習してみるというのも、ひとつの学習の仕方です。

 

いっけん遠回りに見えるかもしれませんが、夏休みや春休みを利用して、一度、中学校の国語や数学、英語、社会科、理科を復習してみるのです。そうすれば、その後の躍進は約束されたようなものです。一度は学んだことがある範囲ですから、そんなに時間はかからないはずです。

 

試験勉強をやらなければいけない、とわかってはいても、なかなか受験勉強のやる気が出ないことがあります。テレビも観たいしゲームもしたい、友達とカラオケにも行きたい・・・。でも、そういった悩みがあるのは、目標設定の方法や、やる気を出すためのコツを知らないからです。

 

もしも偏差値が40や50だったり、模擬試験でC,D,E判定だったら、それはあなたの脳力が低いからではなく、正しい受験勉強法を知らないからです。それを知ってしまえば、あとはそれに沿って努力を続けるだけです。しかも、速読術を習得すれば、試験日当日まで、たとえ残り数か月であっても、まだ十分に間に合います。

 

二度と来ない青春、やれるだけのことをやって、後悔のないように全力で頑張っていきましょう!また、難関国家資格や看護師や薬剤師などの資格取得を目指しているかたも、夢(独立など)を目指して頑張りましょう!

 

 

 

 

■効果的な受験勉強の方法とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】正しい勉強法を身につける方法

 

 

 

 

【追記】受験勉強の方法といっても堅苦しく考える必要はありません。今現在、あなたが行なっている勉強の仕方に、ちょっとだけスパイスを振り掛けるという考え方でいいのです。すべてをガラリと変えてしまう必要はありません。なぜなら人にはそれぞれ、その人だけの勉強法というものがあるからです。ただ、そこに脳科学の知見を加えることによって、よりいっそう記憶に定着しやすくなりますし、理解度も増すわけです。
当サイトで解説している勉強法のコツを参考にするのもいいですし、大学受験勉強法のマニュアルや速読術の方法を参考にするのもよいでしょう。世の中には、サクラサク高校受験勉強法とか、東大生の勉強法、漫画ドラゴン桜のようなものもあります。イラストで分かりやすく解説しているサイトも見受けられます。
受験勉強の方法は、看護学校であれ専門学校であれ、社会福祉士(社労士)やファイナンシャルプランナー(FP)や簿記、宅建、英語検定、TOEIC、TOEFLであれ、すべてに共通するやり方です。勉強のやる気やモチベーションのアップ法、きれいないノートの取り方、効果的に覚える方法、時間管理術、睡眠時間との関係、食事のとり方、運動を取り入れる方法などは、普遍的なものだからです。そのうえで、それぞれの受験や資格試験に特有の勉強法に関しては、先輩や合格体験記などを参考にすればいいのではないでしょうか。
最近は小学校や中学校のお受験も増えていますし、ご当地検定があったりと、受験・検定ブームです。またテレビをつければ脳年齢テストをやっていたり、スマホや携帯のアプリには脳トレのゲームがあったりします。これほど脳に関心がある時代、受験生として受験勉強の方法をマスターすることは当然のことといえるのかもしれません。
東京大学、青山学院や東京理科、同志社、関西学院、明治、関西医科大、大阪大学(阪大)などなど、人それぞれ志望大学があることと思います。第一志望だけではなく第二志望など併願校もあるでしょう。なかには指定校推薦やAO入試を目指している人もいるかもしれません。しかし勉強は社会人になってからも、必要となります。速読や速聴などの訓練によって、頭の回転を速くしておくことは、これからの情報化社会を生き抜くうえで、ますます必要となっています。インターネットの情報の波に飲みこまれないためにも頭脳を鍛えておく必要があるといえます。受験勉強の方法を身につければ、それは生涯、役立つスキルになるわけです。

 

受験対策と試験の合格!・・・受験で準備するさいに必要なこととは?

 

 

 
ロスカット