受験勉強の方法と入試対策TOP > 勉強に関するQ&A > 早朝学習の効果とは?

早朝学習は効果的なの?

早朝学習は、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。すがすがしい朝の時間帯に、自分から進んで勉強することは、勉強へのやる気を引き出してくれます。

 

朝早く起きることは、夜型の人の場合、とくに自分との戦いが必要です。
受験勉強は自分との戦いとも言えますから、朝に勝利することによって、入試試験に勝つためのバネにもなります。これが実際の試験において、執念にも似た力を発揮させることにつながります。ボクサーのロードワークのようなものですね。

 

早朝学習のメリットは、いくつかあります。
  • 静寂のなかで勉強できる
  • 記憶しやすい
  • 締め切り効果が期待できる

まず、朝の勉強(朝勉)は、周りがまだ寝静まっているので、雑音がなく、勉強に集中できます。これは深夜の勉強にもいえますが、早起きして学習したほうが価値的な場合があります。やはり太陽とともに起きて、早めに眠るほうが健康的な生活であることは論を待たないでしょう。

 

早朝学習のメリットの2つ目は、睡眠によって脳が整理されたあとなので、スムーズに格納できるということです。睡眠中には、日中に入ってきた情報を整理しています。自分にとって必要な情報、何度も繰り返された情報は、海馬で長期増強(LTP)を起こし、定着します。いっぽう、扁桃体が重要ではないと判断した情報に関しては忘れ去られていきます。数日前の食事内容を忘れてしまうのは、このためです。

 

つまり睡眠中には、海馬において「整理整頓」が行われ、空きスペースができるわけです。新たな1日を開始して時間が経過していくと、いろいろなことを見聞きするので、また情報が少しずつ海馬に蓄積されていきますが、早朝は、まだまっさらな状態にあります。このときは、余計な情報が脳内(海馬)にないので、干渉をうけずにスムーズに格納されます。そのため早朝の勉強は、記憶しやすいと言えるのです。

 

早朝学習の3つ目の効果として、締め切り効果が期待できることです。
これは心理学の用語で、時間制限があったほうが、だらだらと過ごすよりも集中力がアップするという現象です。誰にでも経験があるのではないでしょうか。

 

試験直前は時間が限られているので、そのなかで頑張ろうとします。つまり締め切り効果が働きます。そのため扁桃体が活性化し、海馬において記憶力や集中力がアップするのです。試験前やテスト前になると、ふだんよりも集中力や記憶力が高まる気がするのは、制限時間があるなかで勉強するからですね。

 

早朝学習は、4時や5時に起床したとしても、そんなに長時間、勉強できるわけではありません。1日中自由につかえる主婦や浪人生なら、そうではないかもしれませんが、仕事をしている社会人や高校生の場合は、おのずと勉強時間が限られてきます。そうなると意識しなくても、締め切り効果がしぜんと働いて、効率的な勉強をすることができるのです。

 

いろいろなところで朝早くの勉強が推奨されている理由は、以上の3つのメリットがあるからです。とくに締め切り効果は絶大です。もちろん原理を理解してしまえば、夕方でも夜でも、自分で時間制限を設けて、締め切り効果を利用した学習は可能です。

 

 


早朝学習が効果的な理由は、そのほかに、だいたい60分から90分くらいの長さになるからでもあります。人間の集中力は90分が一つの区切りといわれています。そのため、飽きが来ないうちに勉強を終えることができます。

 

さらに、早朝というのは血糖値が低い状態にあり、お腹がすいています。
朝食を摂らないで早朝学習に入ることにより、脳は飢餓状態を感じることになります。
これが適度な緊張感を生み、扁桃体を活性化させます。扁桃体が刺激されれば海馬も活性化されますから、集中力や記憶力が高まるのです。ただ、同じことは夕食前の空腹時にも再現が可能です。

 

なお朝の勉強を終えたら、しっかりと朝食を摂りましょう!
そのまま学校や会社に行くと、脳にブドウ糖が行かず、頭が働きませんので。

 

 


以上のように朝早くの受験勉強には多くメリットがあります。
ただし夜更かししている人が、早朝に起きだして学習することは、おすすめできません。睡眠不足になると、そもそも記憶の整理ができませんので、フレッシュな脳で勉強ができません。

 

無理して早起きしても、日中はずっと頭がボーッとして働かないというデメリットがあります。学校の授業や仕事において、そのような状態では本末転倒といえるでしょう。

 

昼に勉強したことを記憶にとどめるためには、最低でも6時間の睡眠が必要であるといわれています。これを基準に、本当に早朝の勉強が必要なのかどうか、よく考えましょう。

 

無理に早起きすると、それはストレスとなります。そういった無理な生活が毎日つづくと、慢性的なストレスがかかり、コルチゾールが分泌されます。コルチゾールは脳の海馬に打撃をあたえて、記憶力を低下させるので注意しましょう。

 

また長期的にストレスがかかると血糖値や血圧が上昇し、生活習慣病の原因にもなりかねません。脳の視床下部にある食欲中枢に狂いが生じ、心身の恒常性(自律神経)が乱れて、やたらにカロリーを摂りたくなったりするものです。これが肥満を生みます。

 

いくら早朝の勉強が効果的だからと言っても、睡眠時間を削ることは、かえって記憶力の減退をまねき、健康を害する危険があるということです。3時間短眠法とか短眠術とかが出回っていますが、そういったものを行うと、血糖値や血圧の上昇を招き、心臓をはじめ内臓諸器官や脳にダメージを与えるので注意しましょう。

 

 

 

■効果的な受験勉強の方法とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】正しい勉強法を身につける方法
 


 
ロスカット